リプロスキン レビュー

角質層に美容成分を長く留めることで効果発揮

角質層に古い角質が溜まってくると、いくら美容成分を補給しようと思ってもなかなか浸透しません。それは硬くごわついた肌が浸透をブロックしてしまうからです。いわば硬い壁が妨げになっているようなものです。
リプロスキンはこれを柔らかくして、浸透しやすくしてくれます。


またマイクロソーム構造により、8種類の美容成分をナノサイズに凝縮して角質層に留まる時間を長くキープします。滞留時間が長いので、その分効果も期待できるわけです。
ナノサイズまで凝縮しているので、大きな分子のまま浸透させるよりも浸透度が高い点も大きなポイントです。


美容成分はただ肌につければ良いというものではありません。しっかりと肌奥に浸透して、働きかけることができて初めて効果を発揮します。


Reproskin(リプロスキン)





ターンオーバーに合わせて美肌を目指す

美容成分は肌の表面に付けるだけではその効果は発揮できません。肌細胞は肌奥で毎日生成されますので、そこにアプローチして働きかけないと効果がないわけです。


そうした観点で角質が古い状態で硬くなったままだとブロックしてしまい、いくら美容成分を肌に付けてもいつまでも宝の持ち腐れになってしまいます。


リプロスキンは、この硬くなった角質を柔らかくして美容成分を効率的に肌奥に浸透させます。こうすることで肌細胞が生まれる瞬間にアプローチします。こうすることで、いわば綺麗な肌を生むサポートをしてくれます。


新しい肌細胞が誕生して、徐々に肌の表面に向けて押し出され、28日すると表面に出てきます。いわゆるターンオーバーです。つまりリプロスキンを使うことで28日後には、その効果が及ぶ新しい肌が出てきます。潤いのあるツヤ肌です。


美肌を目指すのであれば28日使ってみて、その効果を実感しましょう。


Reproskin(リプロスキン)





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。