リプロスキン レビュー

美容成分も重要な戦力

リプロスキンはお肌の柔軟性を高めるという役割に留まらず、8種類の美容成分を配合しているので、美肌効果も期待できます。


これら美容成分はナノ成分として小さいサイズのため、肌奥まで浸透しやすくなっているというメリットがあります。これでただ単に美容成分を補給するというだけでは手が届かないところまで浸透しやすくしているので、より肌細胞への働きかけも強くなるというわけです。


特にリプロスキンは柔軟水ですので、ごわついた角質層を柔らかくしますので、より浸透しやすい環境を予め整えてくれる点が大きな意味を持ちます。


これら美容成分は肌奥の細胞まで行き届くので、肌が誕生する瞬間からその働きを発揮します。そうなれば、生まれた瞬間から潤いのある綺麗な肌を生成しやすくなるわけで、ハリと潤いに満ちた肌を手にすることが期待できます。



Reproskin(リプロスキン)





ターンオーバーを考慮して

肌細胞が誕生してから表面に出てくるまではおよそ28日かかります。よくターンオーバーという言葉を耳にしますが、これがそれに当たります。


いくら肌の表面ばかりをケアしていても、生まれた段階で綺麗な状態でなければその効果は半減してしまいます。痩せ細った土地で樹木を栽培しても立派なものは育ちません。しっかりと栄養の行き届いた肥沃な土地であれば、立派な樹木が育ちます。これと同様に肌も肌奥の誕生する瞬間からケアしてあげないと、みずみずしくハリのある美肌を自分のものにすることは難しいでしょう。


そのためリプロスキンも仮に現在お肌に悩みをお持ちの場合、まずはターンオーバーを考慮して28日は試してみることが望まれます。


今見えている表面の肌は28日かけてようやく顔を出したもの。じっくりと美容成分が肌奥の肌細胞に浸透してその効果が表れるのを待ちましょう。


Reproskin(リプロスキン)





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。